「私はまだ本気出してないだけ」と若者は常日頃から口にしている

近頃、急増する失業やひきこもりやフリーターのネック。
こんな中、超前向きに生きゆく人間生チャレンジャーに出会った。

それは青野春秋の「僕はまだマジ出してないだけ」に登場する中心人間一般大黒シズオです。
彼氏は41才にして、「自分を生み出す」「人間生録に自責したくない」と突然組織を辞めて家でダラダラと話す生活を送っていた。
彼氏の父さんと赤ん坊の三人間で暮らしてあり、赤ん坊はあんな生活を送る父さんを見守っているが、実の父さんからは完全に呆れられていらっしゃる。

彼氏はバイト生活を送ってあり、彼氏が動くハンバーガー企業では、周りの若い同僚のからは皮肉ったように「店長」と呼ばれている。(本当の店長は特別要る)

そんなテキスト人間は、そんな周りの目なんて考えにもし容貌で、家では朝っぱらから娯楽をし、外側では子供たちと公園で遊んだりといった毎日を過ごしている。

そんな、ある日突然、シズオは「漫画住居になる!」と決意する。
家事や知り合いは更に呆れるが、彼氏は本気のようで漫画を書き続け、操作部に営業に赴き、デビューを目差す。

「41才で組織を辞めバイト身の回りで漫画住居を志す」という破天荒な人間生録を送って掛かるようだが、至ってテキスト人間は楽天的でありある意味人間生録を楽しんでいるように感じる。

ボク、全五巻中二巻まで読んだのだが、コントタッチで可笑しい漫画であるが、実は中僕の濃い履歴となっている。

中心人間一般シズオを筆頭にいわゆる「タブー人間ターム」と呼ばれる人間ものが作の中に登場してくる。
例えば「売り買いが途切れる」などといったネックなどが描かれているが「何故そうなってしまうのか」という部分を掘り下げてあり、社会的に抱き締めるフリーターや失業などのネックに取り組ん出るように言える。

2013年には堤真一主演で実写化もされている。
近いうち鑑賞してみようと想う。

ユーモアおかしく読める作なので善悪お求め狙う。

「私はまだ本気出してないだけ」と若者は常日頃から口にしている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です