わたしの好きなアニメは誰もが知っている力作の一つです。

私の好きな戯画は「名探偵コナン」だ。
小学校を間から今も尚単行テキストが販売されていて、新刊が芽生える度に購入している。
こういうテキストの第ゼロ考え方としては、まず主人間公共です高校探偵、工藤新一が怪しげな交信を目撃し、交信に思いの場合になっていて背後から近寄る父親に気が付かず、失神させられてしまう。
目が覚めると工藤新一は、小学校位の幼子の健康に変わってしまっていたというフェイズに圧倒されてしまいました。
非現実的なときのはずなのに、そこに何の違和感も持たせない虎の巻。
これが作品者、青田剛昌なのかと。

それ以外にも、これだけの長期間連載にも関わらず、しっかりとした殺人間計略を考えているというスポットも大好きです。
現在に至っては少々、知恵と言うよりもスリリングな実行があったりもしますが、それも戯画だから出来る先なんだと思います。

この辺って名探偵コナンは戯画だけではなく、コミックも決定的人間気持ちを誇ります。
そのの場合でも、去年に公開された「名探偵コナン 業火の向日葵」はワールドの場合に散らばっておるゴッホの向日葵の挿図を日本に呼び込みエキスポを開催する言う序盤で、向日葵の挿図を消そうとやる犯人間とそれを阻止する怪盗キッドとコナン。
ラストシーンは手に汗を握る監督で、ついつい肩にチカラが入ってしまいました。

そんな名探偵コナンが大好きです。
http://xn--edkucxa6e.biz/

わたしの好きなアニメは誰もが知っている力作の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です